茶席用の附け下げを製作中

1: 本金餅糊手描き京友禅下絵
茶席の附け下げ下絵 柳をバックに菊と梅を描きました 下前の後ろには萩の枝を描いています  茶席の風景として溶け込むようなさりげない附け下げを目標にしています  使用している生地は縮緬系のシボの優しい変わり一越(松岡姫4丈)使用しています 今回は附け下げですので生地は絵羽に断たずに丸巻きのままで下絵を描いています この写真は上前と衽です 地色はグレイの混じった上品な藤色を予定しています 下絵から製作をした日本に一枚しかないオリジナルです
2:糊糸目
上前と上前の後ろ ご存知、当店では日本古来の餅糊を使用します すこしベージュ色をした優しい糸目が魅力です 皇后陛下様がお召しになられるような淡彩で穏やかなやさしい附け下げを目指します 
3: 袖
袖です 糊を置いた上に乾燥防止のために薄いナイロンをかぶせています この次の工程は糊を定着させる友禅地入れ(糊地入れ)です
4: 色見本
附け下げ色見本 色見本です パソコンで地色を決めてよく合う色を選びました 地色が決まればお客様の姿と雰囲気を思い浮かべて挿し色を決めてゆきます 
5: :色挿友禅
色挿し友禅 友禅が入りました 全体を白色が50%位に占めるように指定をしています 淡彩で品のいい付け下げを創っています 写真の濃い色のところは糊(餅糊)です 地色が染まると白くなります 写真にリンクを張っていますので拡大写真をご覧ください 葉っぱが白く見えますが白い色が挿してあります この次の加工は色挿し友禅の色止め(友禅蒸し)をします 色を定着させてから友禅を挿した所を糊で全部伏せます
6:糊伏せ
友禅を挿したところを糊で伏せました 次は地色の引き染めです 
7:地色引き染め
地色 地色の引き染め、ほぼ雰囲気がわかりますね この着物はまだこれから柳の柄以外をもう一度糊で伏せて地色を重ねます すると柳の柄のトーンが下がりメインの梅と菊の柄が浮き出てきます 地色も重ねて染めることにより深みが出てくるのを期待しています
8:目引きと金糸目 完成
染め上がりました バックの柳の葉のコントラストが低くなったので極細の金糸目でくくっています 見えますか? 65〜70歳の附け下げです まだ手を入れるなら刺繍が置けますがコストの加減でこれで完成にします 
完成

ボタン1top ボタン4茶席の着物