文箱附け下げ製作中

餅糊を使った本格的な京友禅の附け下げを作っています
これは青花で描いた下絵です 生地は松岡姫


白絵羽に描いた下絵
糊糸目地入れ済み
糊糸目

文箱拡大

友禅1
文箱 文箱附下げ友禅1
友禅2
文箱附下げ友禅2
金彩加工
染め上がり

ここまででほぼ出来上がりです 格調高く染め上がりました 当初予定していたよりも重い加工になりました この附下げは共八掛けをつけて訪問着にしたほうが合っていますので訪問着に仕上げます ?と思われるかもしれませんが胸の柄、脇の柄、も縫い目で柄が合い八掛けに柄をつけると高級品の訪問着になります 写真をクックすると上前の柄が拡大します   八掛に柄を入れて仮絵羽にしました 安田の着物といわれるセンスです 淡彩ですが垢抜けて重厚間もあります 当店の彩色は茶系統よりもピンクローズ系統の色を使用してやさしく染め上がっています 高級品です
戻る
ボタン1top ボタン1京友禅の魅力 ボタン4振袖 ボタン4訪問着 ボタン4茶席の着物 ボタン4色無地 ボタン4名古屋帯 ボタン4袋帯
ボタン1楽友禅 ボタン4悉皆 ボタン6お誂えのQ&A ボタン1友禅染めの種類 ボタン4オリジナル手描小紋 ボタン4特選品 ボタン4江戸小紋