単の訪問着

茶道の先生から単物の訪問着の注文を頂きました 図案から製作しますので過程をUPします 同色同柄はお見せ出来ませんが色違いをご覧に入れます 美しい糊糸目が特徴の訪問着です 
染め上がり 
染め上がり
使用している生地は伊と幸の松岡姫3丈、皺になりにくく地紋の無い生地です 下絵、糸目、糊地入れ、友禅、友禅蒸し、まで済んでいます 上前の柄、キリッとした美しい糸目をご覧ください 餅糊でこの糸目を引ける人はまずいないと思います 線に見えるところはすべて白っぽく上がります 単としては重い柄付けの超高級品の訪問着です
野村万斉
彩色ができたので一旦全部糊で伏せて引染めをしました 餅糊でこの美しい糸目が引ける職人さんは他にはいません 我々は糊糸目職人の最後の武士と言っています 仕事が少なくなってきても値段を下げてまでは仕事を取らない 「武士は食わねど高楊子」 この引き染め屋さん狂言師の野村万斎の着物を染めました この時期に仕事の詰まっている腕のいい職人さんです  着物も袴もも雷の柄です 
戻る